トップページ > 災害復旧 > 橋杭が先に取り付けられる

橋杭が先に取り付けられる

2006-01-27

本日は第一橋の橋杭6本のうち2本が取り付けられました。橋杭をクレーンで吊って、足場を避けながら、相当な時間をかけて、慎重に梁にはめ込みました。

工事開始前には、工事手順は、先に新しい根継石 (受石) を据え付け、その後に、新しい橋杭をはめ込むと聞いておりました。

それが、今日、様子を見に行くと、橋杭が運び込まれており、ちょっと驚きました。

海老崎棟梁にお聞きしたところ、先に根継石を据え付けると、橋杭のはめ込みにかなりの困難が予想されるため、急遽工事順序が変更になったとのことです。また、今日の作業は、変更した手順でうまく進むかの確認もあったとのことです。

現在は根継石は取り付けられておらず、橋杭は浮いた状態になっています。
来週には取り付け工事が本格的に進むと思われます。

なお、メインサイト「錦帯橋の四季」の「橋杭流失2005」にて詳しくレポートしています。

投稿者 Matsumoto : 2006-01-27 17:49