トップページ > 花火 > 「海面内花火」???

「海面内花火」???

2012-07-21

本日、岩国港みなと祭り花火大会が開催されました。

今年は、ほどほどの風が吹き、ちゃんと煙が流されたため、去年のように、まったく無風のため、煙が滞留して困るということはありませんでした。

去年の様子は「無風の花火」に書いています。

ところで、今年のプログラムを見ていますと、これまで見たことがない「海面内花火」というのが記載されていました。

毎年行われる、水中花火は別の順番に記載されていますので、それとは違います。

「海面」の「内」の「花火」とは、言葉にやや矛盾も感じるような気がしますし、いったい何だろうというのが、今年の関心のひとつでした。

で、実際に行われたものは...写真のとおりです。

上に打ち上げるのではなく、横に放物線を描いて打ち上がった(?)花火が海面近くで花開きます。

それなら、「海面内花火」ではなく、「海面打花火」の方が、多少なりともわかりやすいような気がしないでもありません。

今回は離れた位置で撮影しましたが、花火に近いメイン観覧場所であれば、かなりの迫力だったのではないかと思います。

来年もこれが行われるのであれば、海の側のメイン観覧場所に行ってみようかなと思える新メニューでした。

投稿者 Matsumoto : 2012-07-21 22:38

コメント

現在、この記事のコメント受付は行っておりません。
メッセージは「錦帯橋の四季メールフォーム」よりお寄せください。