トップページ > 冬景色 > 昼間の大雪

昼間の大雪

2011-02-12

気候温暖な瀬戸内海沿いの岩国では、雪が積もることは、一冬によくあって数回程度で、それも夜間に積もります。昼間に雪が積もることは、まず無いと言っていいほどです。

しかし、今日の雪は、そのまず無い昼間に積もりました。

朝8時ごろでしたでしょうか、ちらちらと雪が舞い始めました。9時ごろになって、地面が薄っすらと白くなり、これは珍しいなどと言っていましたが、どんどん白くなっていきます。

慌てて撮影支度をして錦帯橋に駆けつけると、写真のような状況です。時折、傘が飛ばされそうなほどの風も吹き、カメラも人間も雪まみれになりました。

それでも、正午ごろには雪が止み、陽が照り始めると、気温はさほど低くなく、プラスであったためか、雪はあっという間に融けてしまいました。

ところで、今年の1月は気温が平年より相当低かったため、梅の開花が遅れています。例年なら1月中旬ごろには咲き始める早咲きの木が、やっと咲き始めてきた状況です。

岩国の冬はもうしばらく続きそうです。

投稿者 Matsumoto : 2011-02-12 18:30

コメント

現在、この記事のコメント受付は行っておりません。
メッセージは「錦帯橋の四季メールフォーム」よりお寄せください。